慢性鼻炎 口臭

慢性鼻炎になると口臭がキツくなる?

慢性鼻炎は、鼻水や鼻づまりといった症状が、
長期間続くことを言います。

 

鼻づまりがあると呼吸が苦しいので、
睡眠不足になってしまうこともありますよね。

 

このような鼻炎の症状が長く続く慢性鼻炎は、
思っている以上につらいものでもあるのです。

 

ところで、慢性鼻炎の人の症状のひとつに
『口臭』があるのをご存じでしょうか。

 

慢性鼻炎で悩んでいる人の多くは、
『口臭がきつくなる』ことがあるのです。

 

慢性鼻炎だと口臭がきつくなる理由

 

慢性鼻炎の症状に、
『後鼻漏(こうびろう)』というのがあります。

 

後鼻漏とは、鼻水が喉に流れ落ちることです。

 

鼻水をすすったときに、
喉に回ってしまったことがあると思いますが、
それが『後鼻漏』です。

 

喉に流れ落ちてくる鼻水はねばり気があり、
においもあることが多いです。

 

この鼻水が喉にあることでにおいが発生するだけでなく、
バイ菌が繁殖することもにおいの原因となります。

 

後鼻漏があるときは、口だけでなく
鼻の中もにおいがあることが多いのです。

 

また、慢性鼻炎で鼻づまりがあると、
寝るときを含め自然と『口呼吸』になると思います。

 

口呼吸になると口が乾きます。口の中は、
唾液によって細菌が繁殖しにくいようになっています。

 

しかし口呼吸をしていると口が乾いて唾液が減り、
細菌が繁殖しやすくなってしまうのです。

 

これが、慢性鼻炎で口臭がおこる原因です。

 

また、アレルギーの治療薬である抗ヒスタミン剤の副作用で、
口が乾くというのがあります。

 

抗ヒスタミン剤の副作用で口臭がおこっている
可能性もあるのです。

 

次は、慢性鼻炎に効果のあるという話題のお茶をご紹介します!